ネ イ ル の お 手 入 れ                   

 

ネイルとは ネイルの種類 手・爪のお手入れ ジェルネイルの特徴 ネイル用語集

ネイルの種類とは


カラーリング

ポリッシュ(ネイルカラー)を使って、爪に色を塗るカラーリング。カラーリングの前に
ベースコート、カラーリングの後にはトップコートを施すこともああります。
カラーリングを落とすには、リムーバーを必ず使用します。

スカルプチュア
スカルプチュアとは、人工爪、付け爪のことで、爪に厚みを出したり、長くしたりする
ものです。カラーやアートを付加したものもあります。自分の爪のサイズに自信のない
人でも、好みのサイズに作成できるというメリットがあります。

ジェルネイル
ゼリー状の液体を爪にのせ、UVライトでかためたものをジェルネイルといいます。
アクリルスカルプチュアよりも密着性が高く、剥がれる心配も少なくなっています。
ジェルならではの透明感、ツヤツヤ感も魅力で、現在一番注目されています。

カルジェル
ジェルネイルの一種であるカルジェル。カルジェルは、地爪をやすりで
削る必要がありません。専用の溶液で落とせるという利点もあります。

ネイルチップ
ネイルチップとは、付け爪のようなもの。両面テープなどで自由に取り外しが可能で
繰り返し使えます。休日だけちょっとおしゃれしたい、といったときにも便利です。
主婦の方に人気があります。



ネイルの技法

コツその1
ハケの片側をボトルの口でしごくと、ポリッシュが上手にぬれます。ハケ全体に
ポリッシュがついた状態で塗ると、必要以上の量を塗ってしまい、厚ぼったい
印象になってしまいます。液が残っている方の面を爪に滑らせるようにして
塗っていき、また、ポリッシュを塗る時は、よほどのことがない限り必ず2度塗りを!
1度で塗ろうとすると、自然と厚塗りとなりすので、注意が必要です。

コツその2
ポリッシュがドロドロになったときは、ポリッシュ用のうすめ液で解決します。
ドロドロになるのは、空気に触れすぎるのが原因のことが多いので、使用した
後はボトルの口を除光液に浸したペーパータオルなどでしっかり拭いてから
すぐに閉めます。保管場所は、直射日光の当たらない場所にして下さい。

コツその3

自分でポリッシュを塗っても、表面がでこぼこでキレイに見えないという悩みが
ある人も多いかと思います。
このような時は、バッファーやリッジフィラーを使用します。ポリッシュを塗る前に爪の
表面(ネイルプレート)を滑らかにしていきます。ネイルプレートに凹凸があると、丁寧
にポリッシュを塗っても限界があるので、カバーしきれません。
また凹凸をカバーする働きをするベースコート(リッジフィラー)を塗ってからポリッシュ
を塗るという方法もあります。

コツその4
ポリッシュを塗ってしばらくすると、表面がブツブツになって困っているという人も
多いと思います。これは、空気の泡=気泡です。
ポリッシュを塗る時に、ボトルを振るクセがついている人がたまにいます。
まさにこれが気泡の入る原因です!
ポリッシュを塗る時にはボトルは振らずに、両手で挟んでコロコロと回すようにすると
空気が混ざらずに中身の濃さが均一になります。ラメ入りも同様です。

check

豊洲の賃貸を探すなら

最終更新日:2017/9/14






 

Copyright (C) 2008  ネイルのお手入れ All Rights Reserved.